永久脱毛

HOME > 薄毛と女性ホルモンの関係とは

薄毛と女性ホルモンの関係とは



薄毛と女性ホルモンの関係は密接に関係していて、女性の薄毛の原因は、女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンは、抜け毛や薄毛の原因に大きく関係していて、女性ホルモンが減少すると様々な症状が出てきます。女性ホルモンが減ると抜け毛が増え、生理不順も起こります。女性ホルモンにはきれいな肌を維持する効果があるので、女性ホルモンが減少すると肌のたるみが出てきます。女性ホルモンが減少すると自律神経異常が起こり、のぼせ、ほてり、冷え、動悸や息切れなどの症状も出てきます。女性ホルモンの乱れが、抜け毛を誘発するのは、女性ホルモンのエストロゲンが抜け毛に大きく関係しているからです。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると抜け毛が増え、髪の毛が細くなってしまいます。女性ホルモンの乱れを整えれば、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えることにつながるので、女性ホルモンを増やすことができ、抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を弱くできるのです。結果、抜け毛を減らすことができます。女性ホルモンのエストロゲンには髪を健康にしてくれる効果があります。

    植毛の値段と治療

PAGE TOP